仕事辞めたい!でも上司に言いづらい、そんなあなたへ。

このまま今の仕事を続けても、自分のためにならない。

ああ、転職したい。

なのに、上司に一言辞めたいですの一言が言えない。

そんな方多いのではないでしょうか。

1.お世話になった上司なので、言いづらい

待遇や職種の将来性を考えて転職したい場合。人間関係も割と良好、むしろかわいがってもらっている。そんな状況だと、非常に言いづらいですよね。

しかし、親しい上司だからこそ、あなたの英断を快く受け入れ、応援してくれるはずです。

退職したい旨を伝える際に、良くして頂いたことは重々感じているし、感謝していると伝えると良いでしょう。

上司に誤解されないよう、なぜ退職したいのか、自分の言葉できちんと説明できるように準備しておきましょう。

転職。上司に言うタイミング。教えてgoo

2.次の仕事が決まっていると伝える

退職したいと告げても、引き止められたらどうしよう、人手が足りないのは重々分かっているし、と悩んでいませんか。

そんな時は、次の仕事が決まっていると伝えましょう。

そうなると、相手も引くしかありません。

実際は決まっていなくとも、そのように伝えれば変に退職を先延ばしにされたり、交渉を持ちかけられること避けられます。

まとめ

そもそも転職はあなたの自由、権利です。

雇用される側であるあなたが、どこでどんな仕事をしようと本来は自由なのです。

今まで勤めてきた会社に愛着があったり、多忙、人手不足が分かっていると、迷惑をかけてしまうと気後れする気持ちはわかります。

しかし、昔のような、終身雇用で家族のように一生支え合う会社は激減しました。

転職経験があって当たり前、転職した分いろいろな経験があると重宝されるような時代です。

また、退職したい旨を直属の上司に相談、退職願を提出するという手順、本来は必要無いのです。

法律上、就業規則に則った期日までに退職したい旨を通告すれば、会社はあなたを引き止められないのです。

有給消化等のの交渉は直接やりとりが必要ですが、やめるだけなら書類を提出すれば済む話です。

それを、丁寧に、会社に迷惑がかからないよう相談の上退職しようとしているのですから、こんなに立派なことはありません。

自信をもって、退職したい旨を伝えましょう。

コメントは受け付けていません。